「一番大切なのは家族との時間」ドイツの労働時間が短い5つの理由




こんにちは、Mic(@miku427)です✨

 

 

 

ドイツに住んでみて思うこと。

 

Mic
ドイツの働き方は素晴らしい!

 

 

Work to live, don’t live to work.

“生きるために働きなさい。 働くために生きてはいけない。”

 

 

まさにこれを象徴する働き方。

 

 

ドイツ人から「日本人は何でそんなに働くのか?家族との時間を大切にしないのか?」と聞かれることが多い。

残念なことに日本の過酷な労働環境や過労によって引き起こされた事件はドイツでも大きく取り上げられています。

 

そのためドイツ人は「Work to live(生きるために働く)」のに対して、日本人は「Live to work(働くために生きる)」と思われている。

日本にも素晴らしいところがたくさんあるのに、そういうイメージが先行してしまうのはとても悲しいこと。

 

 

 

では、なぜドイツでは少ない労働時間で高い生産性を維持できているのでしょうか?

今日は日本と比較して「ドイツの労働」について見ていきます✨

ドイツの労働時間について

IMG 1284

経済協力開発機構の2012年の統計によると、一年間の平均労働時間は日本では一人当たり1745時間でした。

それに対してドイツは1393時間と日本人より年間で352時間も短い。

それにも関わらず労働生産性は日本を大きく上回っているドイツ。

労働時間は短いのに経済はヨーロッパ諸国の中でもトップクラスのドイツ、なぜドイツでは労働時間がこんなにも守られているのでしょうか?

 

 

なぜドイツの労働時間は短いのか?

IMG 1282

ドイツの法律、ドイツ人の考え方からここについて見ていきます。

 

1. 法律の規制が厳しい

間違いなく一番の理由にここが挙げられるでしょう。

ドイツでは法律で企業へ労働時間に厳しく規制をかけています。

この法律の中でも象徴的なのが1日当たりの労働時間は10時間を超えてはいけないということ。

そしてさらに6ヶ月の平均労働時間は1日8時間以にしないといけない。

オーバーした分は他の日に3時に帰って調整をしたり有休に振り替えて消化することが義務付けられています。

これを徹底するために労働条件を監視する役所が不定期的に抜き打ちの検査を行い、違反があった企業には罰金を課すとして徹底している。

 

 

2. 部下の労働過多は上司にペナルティ

長時間労働を部下に行わせていた場合、企業に対してだけでなく管理職に罰金が科されます。

そのためどんなに忙しい時期でも部下が1日10時間を超える労働をすることがないよう、マネジメント層は徹底した管理をしている。

部下のマネジメントは管理職の仕事、これができないことは「部下の勤務時間管理ができていない」として上司の評価も下げることになる。

これが大きな抑止力となり労働法がしっかりと守られています。

 

 

3. 残業は評価されない

IMG 1283

日本では残業することが当たり前に思われていて、労働時間が長い人はよく働いていると評価される風潮があります。

ドイツでは逆で、残業する人は時間管理ができない、仕事ができないとして個人の評価を下げ出世の道も遠ざかる。

では仕事が回らない場合はどうするのか?

ドイツ人は「時間内に仕事が回らなくて残業が必要になる=業務量に対して社員が足りない」と捉える。

そのため部下は上司に「業務量が多くて無理だから人を取ってくれ」と訴えるのが普通だそうです。

 

 

4. 転職が当たり前

最近こそ多くなってきたものの、日本では一つの会社で働き続けることがどこか良いと思われがちで転職する人はあまり多くありません。

ここに関してもドイツは逆、ドイツでは終身雇用が珍しく中途採用が当たり前です。

そのため職場での待遇や仕事内容が気に入らなければ仕事を辞め、より良い労働環境・条件を求めて転職活動をする。

雇用の際には企業と労働者の間で、業務内容や給与、権利、残業時間、会社を辞める際の事前通告の日にちなどが細かく明記された労働契約書を締結します。

現地採用で働く日本人の方の話しによると、その人はドイツで3回転職を繰り返し今が一番給与が高いとのこと。

それも、転職面接の際には前職、前職で得たスキルをアピールし、企業と個人間で給与交渉をして労働契約を結ぶからとのこと。

逆に家族との時間・趣味にもっと時間を取りたいから低い給料でいいから決められた最低条件しか働かないという人もいます。

 

 

5. 休暇をしっかり取る

IMG 1285

何よりも家族との時間を大切にするドイツ人。

ドイツ人の休みの取り方はすごいです。

企業は法律により最低24日間の有給休暇を与えるよう義務付けられており、実際には大半の企業が30日の有給休暇を社員に与えています。

そして大半の人はその30日の有給休暇を全て使い、1〜2週間の休みなんて当たり前!

こっちに来て新婚旅行で1週間の休みをもらって旅行に行ったと話すと、「1週間!?新婚旅行なら1ヶ月は当たり前でしょ!」と言われるから驚きです。

そして更に驚いたのが、有給休暇とは別に6週間の病欠を取ることができると法律で決められていること。

日本でも病欠という休暇はあるものの、実際には風邪を引いた際に病欠ではなく有給休暇を取っている人がほとんどではないでしょうか?

ドイツでは有給休暇と病欠は全くの別物!風邪を引いた際に有給休暇を使うなんてありえないのです。

 

 

ドイツ人は真面目で勤勉と言われる反面、個人主義で自己主張が強いとも言われてます。

集団行動を好む日本人に対して、集団やグループへの帰属意識が薄いドイツ人では大きな違いは見られるものの、ドイツの労働環境は見習うべきだと思います。

もちろん日本の良いところもたくさんあるので、それぞれの良いところを尊重しながら少しずつ日本の労働環境が良くなることを願います!

 

最後に

ドイツに住みドイツ人の生き方、働き方から学ぶことがとても多いです!

彼らの働き方をみると、ドイツ人がよく言う「日本人は働きすぎ」の言葉の意味がよくわかります。

 

日本人はもっと休みを取って家庭を大切にするべきだし、もっと人生を楽しむべき!

 

労働環境が急に変化することはなくとも、少しずつ日本が「幸せな国」へと成長していけるようまずは一人一人の意識を変えていくことが大切だと思います。

 

別に帰りにくい雰囲気なんて無視して帰ればいいし、有給ももっともっと取ればいい!それが権利だから!

休んで仕事が回らないなら人をもっと増やしてもらうべき!(簡単ではないが・・・笑)

それに対して何か言ってくる人がいても、何も間違っていないんだから自信を持って胸張っていたらいい✨

 

 

Work to live, don’t live to work.

生きるために働く、働くために生きてはいけない。

 

 

 

日本人はもっと幸せになるべき!

 

 

自分が生まれた国を悲しい国にしたくないし、他の国からかわいそうな国だとも思われたくない。

海外に住んで日本の良いところも悪いところもたくさん理解できたからこそ、こういう意見の発信をこれからも大切にしていきたいと思います!

 

 

▼ドイツの食文化も面白い!

ドイツの夜ご飯「カルテスエッセン」とは!?ドイツ主婦に憧れるの巻

2017.11.14

 

おしまい♩