ドイツの夜ご飯「カルテスエッセン」とは!?ドイツ主婦に憧れるの巻




こんにちは、Mic(@miku427)です✨

 

 

ドイツに住んでみて感じること。

ドイツ人って合理的で無駄がない。

 

 

日本とドイツでは労働や教育、食文化が全然違います。

ドイツでは労働においても非常に厳しい労働基準が設けられ、残業はほとんどせず1日10時間を超える労働は法律で禁止されている。

日本と比べると圧倒的に労働時間が短いのに経済は絶好調のドイツ・・・

 

食文化においても大きな差が見られます。

みなさんドイツ人の夜ご飯は知っていますか?

ドイツの夕飯はKaltes Essen(カルテスエッセン)と言われる火を使わない簡単なご飯。

初めはビックリしたけど、その理由を聞くとこれまた合理的でいかにもドイツ人らしいなと納得。

今回はそんなカルテスエッセンについて紹介します✨



カルテスエッセンとは?

IMG 1170

Kaltes Essen(カルテスエッセン)とはドイツ式の夕食で直訳すると「冷たい食事」という意味です。

ドイツでは伝統的に夜は火を使わず、パンとチーズにハムといった軽めの夕食ですませる家庭がほとんど。

 

朝はパンにヨーグルト、ジャムといった軽食、昼は1日のうち唯一温かいものを食べる食事。夜ご飯も軽いので昼ご飯をがっつり食べます。

街中でもランチタイムにサラリーマンがナイフとフォークを持って肉をガシガシ食べている姿をよく見ます。

さすがドイツ、昼からがっつくな〜!と思っていましたが、夜はかなり控えていたのですね。

 

この食文化の背景には、ドイツ女性の就業率が高く子供を産んでからも共働きの夫婦が多いことがあげられます。

 

働く女性が台所に立つ時間を減らし負担を軽減する。

そして料理の片付けや準備に取られる時間を減らすことで家族のコミュニケーションの時間を増やす目的があるようです。

 

Mic
働く女性にとってはかなり有り難いな〜!

 

 

ドイツの夜ご飯

IMG 1169

冷たい食事の内容は、いたってシンプル。

 

パンやチーズを切ってお皿に並べるだけ。他にはレバーペーストやゆで卵、野菜などが少し加わる感じです。

土日にスーパーへ行くと大きなカートにたくさん買いだめしている家族をよく目にしますが、平日は買い出しにも行かずに冷や飯の家庭が多いからですね。

夜ご飯を作るというよりは、切って出すだけですね(笑)

Mic

あれ?ドイツは労働は守られていてみんな早く帰れるけどご飯は作らないんですね?笑

 

 

日本では1日3食、夜ご飯はしっかり作って食べる人がほとんどです。

ドイツの食文化を見ると、日本の働く主婦たちは遅くまで働いて家事もしてほんとうにすごいな〜!と思いました。

Mic
世の中の男性たち!もっと奥さんに感謝してあげてね❤️

 

少し前までは女性が結婚して仕事を辞め専業主婦になるケースが多く、共働きが増えた現代も「女性が家事をするのが普通」という認識が残ってしまっています。

日本も女性の社会進出が増えているので、今後食文化のあり方が見直されるかもしれないですね。

 

先日のニュースでは「結婚していて思うこと」のアンケートで結婚前後で『家事の負担が増えた』の答えに男性は7.4%、女性は31.4%がイエスと答えていました。

参考:http://www.itmedia.co.jp/business/spv/1711/07/news117_0.html

男女の働き方が均等になるに従って、夫婦の家事バランスだけでなく食文化もさらに変化しそうです。

 

 

カルテスエッセンのメリット

IMG 1168

夜ご飯をパンにハム、チーズと聞くとバランスが悪くないか?と心配になりますよね!

でも賢いドイツ人がそんなデメリットしかない食文化を継続するわけがない!!!

カルテスエッセンには以下のメリットが挙げられています。

 

  • 働く女性の味方

共働き夫婦が多い中で女性への家事の負担が偏ることを避ける。

 

  • ダイエット効果

1日のうちで摂取したエネルギーが脂肪として定着しやすいのが夕方〜夜の時間。

夜ご飯の摂取カロリーを抑えることで脂肪として溜め込みにくい。

 

  • 睡眠の質の向上

満腹の状態で寝ないことで胃への負担が軽減され睡眠の質もあがる。

 

  • ガス代節約

火を使わないので単純にガス代も節約になります。

 

  • 準備も片付けも時短

献立を考え、買い出しに行き、ご飯を作り、片付ける時間が縮まるのでその分時間確保ができる。

 

  • 家族の時間が増える

夜ご飯にかかる上記の時間がなくなることで、平日も家族でゆっくりする時間を確保できる。

 

 

な、なるほど。

 

 

Mic
なんか良いことばっかり?これからカルテスエッセンにしようかしら?笑

無駄を省き、効率の良さを重視するドイツ人の性格が食文化にも大きく反映されていて非常に面白いな〜と思いました✨

 

 

まとめ

いかがでしたか?

日本とドイツでは異なる文化がたくさんあって非常に勉強になります。

労働時間が長く幸福度が低いことで有名な日本。

ドイツの教育や労働、文化から学ぶことは非常に多いです。

日本がもっと「幸せな国」になるようにこれからもっと勉強して発信していきたいです✨

それでは、おしまい♩